Entry

紹介単行本表紙
  • 欲情スイッチ-いやらしい雄のニオイが堪らない女の娘達-イメージ1
  • 欲情スイッチ-いやらしい雄のニオイが堪らない女の娘達-イメージ2
  • 欲情スイッチ-いやらしい雄のニオイが堪らない女の娘達-イメージ3
  • 欲情スイッチ-いやらしい雄のニオイが堪らない女の娘達-イメージ4
  • 欲情スイッチ-いやらしい雄のニオイが堪らない女の娘達-イメージ5
  • 欲情スイッチ-いやらしい雄のニオイが堪らない女の娘達-イメージ6

単行本紹介

190冊目のお気に入り本紹介はみたくるみ氏の単行本「欲情スイッチ」です。オビでは「いっぱい出しなさいHな汁♥キミのニオイ擦りつけて♥」と紹介。表紙からも女の娘の甘い匂いが香ってきそうな魅力的なヒロインを描くみたくるみ氏の最新単行本の登場です。学園を舞台に学園のクールビューティ・女教師・幼馴染などなどニオイに乱れて感じまくる連載作品「ニオイ研究部(仮)」を全て楽しめる一冊となっております。

雄のフェロモンでメロメロになる女の娘達が魅力的だった3月4冊目の単行本はみたくるみ氏の単行本「欲情スイッチ」ですよ。みたくるみ氏の単行本は今回で2冊目。前回購入単行本はちょっと前になっていしまいますが「お口☆のち☆おっぱい」で、何気に同人誌の購入とかもしていたりするお気に入りな作家さんだったりしますね。今回は「ニオイ」に反応しちゃう女の娘がメインという事で期待を込めてページをめくると、すでにカラーページから弟のニオイで発情してるお姉ちゃん登場してる♪♪。作品の最初から最後まで弟のニオイで発情しまくるお姉ちゃんを描いたこの単行本最初の作品「お姉ちゃん自重不能!」は、単行本用の描き下ろし作品となっておりその後に続く連載作品「ニオイ研究部(仮)」の雰囲気はそのままにお姉ちゃんとのえっちが楽しめるので、えっちなニオイでメロメロになるお姉ちゃんが大好きな方に特のオススメできる作品ですね。さてさて、単行本のメインコンテンツとなっているのが先に紹介した連載作品「ニオイ研究部(仮)」です。全8話からなるこの作品では主人公のニオイに大好きなヒロイン・九条先輩をメインに、特盛りおぱいな誘惑先生こと楚入先生(楚入で「むちいり」と読むらしい。造語??)、九条先輩の幼馴染兼ライバルの茉莉花ちゃん、主人公の幼馴染である桐夏ちゃん、九条先輩大好きな下級生の女の娘の5人のヒロインとの甘~い学園生活ストーリーとなっており、主人公×九条先輩とのらぶらぶえっちから、楚入先生の誘惑・茉莉花ちゃんや桐夏ちゃんのニオイによる強制発情などなど様々なシチュエーションを楽しめます♪♪。ちっぱい要素として作品の各所に下級生の女の娘が登場するなど、結構満遍なく要素を含んでいる作品だと思いますね。私あたりはもちろんお姉さん要素大好きなんで、楚入先生のおパイズリ描写は大好物だったりしますよ♪♪。後半からは出番少ないですが何気にお嬢様な茉莉花ちゃんがエロ娘な雰囲気たっぷりな娘なんでこちらも好みだったりしますね///。この連載作品後にもお姉さん要素たっぷりな作品とらぶらぶ3P作品の短編作品が収録されていますのでそちらも是非是非読んでみて下さい。みたくるみ氏の描くニオイでえっちになっちゃう残念お姉さんが欲しいです♪♪。

Recent Entries