Entry

紹介単行本表紙
  • もう堕ちるしかない-抗う事のできない人外の快楽堕とし-イメージ1
  • もう堕ちるしかない-抗う事のできない人外の快楽堕とし-イメージ2
  • もう堕ちるしかない-抗う事のできない人外の快楽堕とし-イメージ3
  • もう堕ちるしかない-抗う事のできない人外の快楽堕とし-イメージ4
  • もう堕ちるしかない-抗う事のできない人外の快楽堕とし-イメージ5
  • もう堕ちるしかない-抗う事のできない人外の快楽堕とし-イメージ6

単行本紹介

126冊目のお気に入り本紹介は冬扇氏の単行本「もう堕ちるしかない」です。単行本紹介文ではでは「人外の快楽の前に、抗う術なし!触手、産卵、孕ませ、人体改造......普通では有り得ない快感に、麗しきヒロインたちも堕ちていく!」と紹介。冬扇氏の描く女騎士・女魔法使い・悪魔っ娘などなど魅力溢れるヒロイン達の快楽堕ちを存分に楽しめる一冊となっております。

快楽漬けにされるヒロイン達を様々なシチュエーションで楽しめる1月7冊目の単行本は冬扇氏の単行本「もう堕ちるしかない」ですよ。丁度前回更新記事のHsasi氏の単行本の情報を入力している時に発見し、表紙から漂う触手成分にすっかり惹かれて購入した今回の単行本。そのタイトルの通り、触手に媚薬はもちろん様々な快楽堕ちシチュエーションにヒロイン達がどこまでも堕ちていくストーリー展開は素晴らしく、冬扇氏の描く快楽に溺れメロメロになっていくヒロイン達のいやらしい魅力も相成ってドキドキしながら読む事ができましたね♪♪。収録作品全てが快楽に堕ちるヒロインを描いているので人を選ぶ単行本になっているとは思いますが、巻末にある各作品をコメディタッチに描いた4コマ漫画がかなり面白く、それを読んだ後に本編を読むと私的にはまた違った作品の見方が出来て楽しかったりします。さてさて今回のお気に入り作品は、大きくなるのはおっぱいだけじゃない「豊胸薬の為ならば」、一気に性欲が解放された人妻との孕ませえっち「ツマカセ」、無限増殖快楽の虜「Re Spawn」かな。「豊胸薬の為ならば」では、リーゼちゃんが豊胸薬の実験台となりおっぱいはもちろん体中がえっちに成長してしまう作品。最初はおっぱいだけだった薬の使用がおまんこや直接口に飲ませ、さらにはクリトリスにまで使用して体中をえっちに改造されちゃうシチュエーションはかなり楽しめました♪♪。「ツマカセ」では魔道具の拘束がなくなった人妻が自分の快楽のままに膣内射精させて孕む作品。性欲が解放かれてからの濃厚パイズリ+フェラチオや、挿入後にすぐイッてしまった彼に無理やり精力剤を飲ませてえっちを続行して膣内射精されまくるエステリアさんエロエロ過ぎます///。「Re Spawn」では自ら作り出した下僕(触手)達に種付けされてしまう作品。最初の命令に失敗するという小さなミスの代償はあまりにも大きく、触手達による種付け時の快感と産卵する時の快感の二重責めにより、すっかり触手の虜になった魔女の堕ちっぷりは触手好きな私としても満足できましたよ♪♪。作品全体としては、ヒロインの快楽堕ちメインとなっているので、タイトルと冬扇氏の描く女の娘が気になった方は特にオススメできる単行本です。今回が初単行本となった冬扇氏の同人活動・商業活動共に今後も楽しみになってきました♪♪

Recent Entries