Entry

紹介単行本表紙
  • 神曲のグリモワール-魔導書を巡る新たな物語の始まり-イメージ1
  • 神曲のグリモワール-魔導書を巡る新たな物語の始まり-イメージ2
  • 神曲のグリモワール-魔導書を巡る新たな物語の始まり-イメージ3
  • 神曲のグリモワール-魔導書を巡る新たな物語の始まり-イメージ4
  • 神曲のグリモワール-魔導書を巡る新たな物語の始まり-イメージ5
  • 神曲のグリモワール-魔導書を巡る新たな物語の始まり-イメージ6

単行本紹介

158冊目のお気に入り本紹介はエレクトさわる氏の単行本「神曲のグリモワール―PANDRA saga 2nd story―」です。オビでは「触手、ぶっかけ、集団奉仕。圧倒的なセックス描写で魅了するエレクトさわるが送る新ファンタジー巨編がここに開幕!!」と紹介。エレクトさわる氏の描く濃厚触手陵辱・大量精液ぶっかけはもちろん、魔導書の欲に魅了され快楽に溺れるヒロイン達を存分に楽しめる単行本となっております。

濃厚な触手陵辱に大量のちんぽに囲まれて蕩けるえっち大好きヒロインまで、その圧倒的なえっち描写で今回も魅了してくれた7月2冊目の単行本はエレクトさわる氏の単行本「神曲のグリモワール―PANDRA saga 2nd story―」ですよ。エレクトさわる氏は「おっぱインフィニティ∞!」・「PANDRA―白き欲望 黒の希望―II」に続きこのブログでは今回で3冊目になりますね。キルタイムコミュニケーションさんからの発売、そして前作「PANDRA」と同一の舞台で始まる物語という事で発売前から触手コールが止まらないほど期待していた今回の単行本。「第一節 有角の少女と不思議な本」、「第四節 色欲」ではその期待していた通りの濃厚触手陵辱・大量膣内射精+大量ぶっかけで早くもテンション上がりまくりです♪♪。第一節ではユニコちゃんメインで魔力吸引後に乳首と縞パンの上からのおまんこ愛撫触手でトロトロになったおまんこに触手挿入。おっぱいへの愛撫も忘れずに口の中や舌へ絡み付く触手の動きもエロエロです♪♪。大量膣内射精で堕とした後はお尻にも挿入、角への愛撫と全身の刺激ですっかり蕩けたユニコちゃんが触手フェラチオを始めるあたりのエロ顔が堪らない///。ラストの全身真っ白になるくらいの大量ぶっかけ最高でした♪♪。第四節ではストーリーメインとなっているので第一節のような濃い触手描写はないけど、魔獣によるユニコちゃんとパティリシアちゃんへの魅了効果があり、抗いながらも快楽に溺れる二人の描写におまんこやお尻への複数の触手を挿入するハードな触手陵辱も相成ってかなり楽しめました。触手作品は今回この2作品だけだったのですが、それ以上に今回楽しめたのは魔導書によって欲に魅了された人が快楽に溺れる描写を描いた作品で「第二節 彼の者の名はダンテ・覚醒する欲望」、「第三節 羽ばたく少女、『魔導書読み【グリモワリーダー】』」、「第五節 『暴食』の魔導書」の3作品でそれぞれ楽しむ事ができます。第ニ節と第三節は「色欲」のラスト、第五節では「暴食」のグラトニーとなっており、「色欲」では先に紹介したパティリシアちゃんがメイン。第ニ節での魔導書発動後のパティリシアちゃんが多人数のちんぽを相手にエロセリフで欲情を煽りつつ精液で真っ白くなっていく描写はエロ過ぎて本当に美味しかったです///。第三節ではさらに「色欲」の力が大きくなり、前作で登場したレイリィちゃん・シャリィちゃん・文華ちゃんまで巻き込まれ快楽に溺れちゃいます♪♪。「暴食」ではむっちりとした体つきが堪らない私お気に入りなソフィア先輩がメイン。魔導書によって欲に魅了されてからは濃厚ちんぽドレッシングのために多人数のちんぽ相手にフェラチオを開始。口内射精と大量ぶっかけでちんぽドレッシングを堪能した後は、おまんこ膣内射精でお腹一杯になりたいと誘惑し本番えっち開始です♪♪。むちむちボディとエロセリフで精液を搾り取るソフィア先輩本当にエロすぎてヤバイ///。あとがきでは番外編再登場の可能性有りとの事なので今後のソフィア先輩登場が待ち遠しいです♪♪。その他男の娘なホムンクルスが登場する「第六節 2つの顔を持つ少年」もあり、まだまだ物語は始まったばかりですが今後のお話の展開が気になって仕方がありません。エレクトさわる氏の今後の活躍と共に「神曲のグリモワール」の物語にも注目していきたいです。

Recent Entries