Entry

紹介単行本表紙
  • PANDRA-白き欲望 黒の希望-Ⅱ-容赦無い触手凌辱と白濁の宴-イメージ1
  • PANDRA-白き欲望 黒の希望-Ⅱ-容赦無い触手凌辱と白濁の宴-イメージ2
  • PANDRA-白き欲望 黒の希望-Ⅱ-容赦無い触手凌辱と白濁の宴-イメージ3
  • PANDRA-白き欲望 黒の希望-Ⅱ-容赦無い触手凌辱と白濁の宴-イメージ4
  • PANDRA-白き欲望 黒の希望-Ⅱ-容赦無い触手凌辱と白濁の宴-イメージ5
  • PANDRA-白き欲望 黒の希望-Ⅱ-容赦無い触手凌辱と白濁の宴-イメージ6

単行本紹介

50冊目のお気に入り本紹介はエレクトさわる氏の単行本「PANDRA-白き欲望 黒の希望-Ⅱ」です。オビでは「輪姦陵辱、触手孕ませ、大乱交...快楽の淵へと堕ちゆく学園」と紹介。エレクトさわる氏が描く輪姦・大乱交・触手陵辱・大量ぶっかけでヒロイン達が激しく乱れる触手好きには堪らない一冊となっております。

珠玉の触手陵辱本となった12月4冊目の更新は、エレクトさわる氏の単行本「PANDRA-白き欲望 黒の希望-Ⅱ」ですよ。「Ⅱ」とある通り前作品があったワケなのですが、実は読んでなかったという大失敗をやらかしております。前に購入した「せめ♥ちち」がちょっと期待していた内容と違かったので、購入をひかえていたんのが失敗の原因なワケなのですがぁ...。しかしこの人外・触手に犯されて快楽に堕ちる女性の表情、快楽に抗うも徐々に快楽に蝕まれるシチュエーションとか最高に良いですね♪♪。今回の単行本で一気にエレクトさわる氏の魅力に引きこまれたので、是非前作品も購入しようかと思っていますよ。さてさて、今回の特に私好みなお話は黒いモノの影響で理性を失った男達とその快楽に溺れる女達の大乱交「第十節 絶望の始まり」、シャリィ・文華・ユニコの乱交白濁凌辱「第十一節 反旗を翻す者達」、孕ませ触手快楽・精液プール「第十二節 復活祭 前夜」かな。特に「第十二節 復活祭 前夜」での触手責めは必見。レイリィに媚薬を注入し快楽に溺れさせ、最後にはたっぷりとたまった精液の中で孕ませる...その過程でのレイリィのとろけるような表情と、自らを快楽に導くような隠語の連発・触手からの容赦無い責めと射精の嵐は素晴らしいの一言につきます。また、まんが王倶楽部さんのコメントでも「全ての伏線がひとつに繋がるクライマックスで得られるカタルシスとが兎に角素晴らしい」とある通りストーリーもとても良く出来ています。私は前作品「PANDRA-白き欲望 黒の希望-」「淫術の館」を読んでいないので多くは語れないのですが、ストーリーが気になる方は是非読み返してみると良いと思いますね。一応単行本の巻中にも各お話の解説がついていますので、この単行本からでもある程度のお話の流れは分かるようになっています。長くなりましたが、全ての触手好きに贈る珠玉の単行本を是非一度読んでみてください。

Recent Entries