Entry

紹介単行本表紙
  • オスメスあでぃくしょん-生ハメ・乱交・膣内射精♪キモチ良いからやめられない♥-イメージ1
  • オスメスあでぃくしょん-生ハメ・乱交・膣内射精♪キモチ良いからやめられない♥-イメージ2
  • オスメスあでぃくしょん-生ハメ・乱交・膣内射精♪キモチ良いからやめられない♥-イメージ3
  • オスメスあでぃくしょん-生ハメ・乱交・膣内射精♪キモチ良いからやめられない♥-イメージ4
  • オスメスあでぃくしょん-生ハメ・乱交・膣内射精♪キモチ良いからやめられない♥-イメージ5
  • オスメスあでぃくしょん-生ハメ・乱交・膣内射精♪キモチ良いからやめられない♥-イメージ6

単行本紹介

205冊目のお気に入り本紹介は夢乃狸氏の単行本「オスメスあでぃくしょん」です。オビでは「発情メスッ娘は一度ハメたら止まらないっ!危険日子宮にみんなの精子ぶち込んで♥三度の飯よりエッチ好き!」と紹介。夢乃狸氏の描く男女入り乱れての3Pや4Pの濃厚えっち描写はもちろんの事、らぶらぶカップルの甘々なえっち描写も美味しく頂ける一冊となっております。

男女が複数入り乱れての濃厚えっち描写が癖になった5月4冊目の単行本は夢乃狸氏の単行本「オスメスあでぃくしょん」ですよ。夢乃狸氏の単行本は今回で2冊目。前回キルタイムコミュニケーションさんからの単行本「テレプしこ~れ!」以来の購入となります。今回は若生出版さんからの単行本という事で普通のシチュエーション作品が多めなのかなと想像していたのですが、単行本通して3P作品や4P作品が当たり前のまさにエロの宴みたいな単行本でしたね。単行本最初の連載作品「異性の手帳」はカラー作品でのエロさは元より、続く強制発情でのえっち描写の数々は登場人物の理性をふっ飛ばして雄と雌の交尾を思わせるほど刺激的でした。私あたりは園原えり先生がまさふみ君と未来君の備考欄を書き換え、自分の子宮でしか射精できないようにした中編がお気に入りだったりしますね♪♪。園原えり先生は結構おっとり系の女性なのですが、これがクールビューティなエロ先生だったらとまた想像を膨らませる私がいます///。また、褐色肌に特盛りおぱいが眩しい母娘が登場する次の連載作品「「異文化交流大性交」では主人公のちんぽをめぐって、ブルジョアからホームステイ娘のサリサちゃん・その母親・麻由里ちゃんの3人が熱いえっちバトルを繰り広げる作品となっており、ハーレム系作品も大好きな私にとっては大好物だらけでビクンビクンしていましたよ♪♪。その他、オススメ作品としては作中のセリフが極端に少なく全編でえっちの快感に蕩けるカップルを描いた「NO FUCK NO LIFE」かなと。こういう作品は他に見たことが無かったので、かなり印象に残りましたね。ヒロインも私好みの可愛い娘ちゃんなんで是非是非読んでみて下さい♪♪。

2017年7月18日追記-出版社である「三和出版」さんの「オスメスあでぃくしょん」単行本紹介ページがなくなっていたので関連リンクより削除しています-

Recent Entries