Entry

紹介単行本表紙
  • きらきら-可愛さ眩しいダイタン乙女達の甘い恋物語-イメージ1
  • きらきら-可愛さ眩しいダイタン乙女達の甘い恋物語-イメージ2
  • きらきら-可愛さ眩しいダイタン乙女達の甘い恋物語-イメージ3
  • きらきら-可愛さ眩しいダイタン乙女達の甘い恋物語-イメージ4
  • きらきら-可愛さ眩しいダイタン乙女達の甘い恋物語-イメージ5
  • きらきら-可愛さ眩しいダイタン乙女達の甘い恋物語-イメージ6

単行本紹介

221冊目のお気に入り本紹介はHamao氏の単行本「きらきら」です。オビでは「まぶしさに染まるキミ♥ダイタン乙女が光る全14エピソード...♥扇情的2nd作品集」と紹介。心に響くストーリーと濃厚フェチ描写が素晴らしいHamao氏の最新単行本の登場です。甘すぎて蕩けそうなくらいのらぶらぶえっち描写はもちろん、見られるギリギリを楽しむ変態えっちにサディスティックに絡みつくゾクゾクするようなえっち描写まで存分に楽しめる一冊となっております。

圧倒的な黒髪ヒロイン率に激しい初めてえっちの快感に蕩けていくヒロイン達の可愛さが本当に印象に残った11月6冊目の単行本はHamao氏の単行本「きらきら」ですよ。Hamao氏の単行本は今回で2冊目。前回単行本の「スイーツスウェット」もこのブログで紹介しており、次の単行本の発売をかなり楽しみに待っていたので今回の単行本の発売が分かった時はテンション上がりまくりでしたね♪♪。届いてから早速読んでみたのですが、各収録作品で魅せるヒロイン達の繊細な表情はもちろんの事、えっち中は処女でも主人公を誘う大胆な姿・えっち経験者の主人公を誘う甘い姿・サディスティックに主人公を責める魅惑の姿と、その溺れるようなえっち描写の中でみせる姿に惹きこまれていく私がいました。単行本全体としては、甘いらぶらぶえっち要素を含んだ作品が多く総じてらぶらぶな印象を受けると思いますが、「黒の華」という作品だけは別格で睡眠薬を使っての拘束・ちんぽを踏み付けて悶え苦しむ主人公見て感じるヒロインなどなどそのサディスティックな内容にちょっと驚くと思います。私あたりも最初そうだったのですが、読み返す内にヒロインの牡丹ちゃんの可愛さに加えてあの気持ち良さそうな足コキとその時の牡丹ちゃんの表情がお気に入りになってしまい、すっかり牡丹ちゃんに絞られたい人になっていました///。しかし断じてMではないっ♪♪。また、作品最初から最後まで見られるギリギリのスリルを味わいながらえっちを楽しむ変態ヒロインの美優ちゃんが登場する「SUMMER DAYS」もオススメしたい作品ですね。何気にこの単行本では珍しい金髪ヒロインちゃんだったりしますので是非是非かわいがってください♪♪。

Recent Entries